島崎和歌子の酒豪伝説!酒癖の悪さがヤバすぎて芸能界で被害者続出!?

90年代ではアイドルとしても活躍し、今では『オールスター感謝祭』の司会としてもお馴染みの島崎和歌子さん

相当な酒豪だという事を知っていましたか?

酒豪伝説や、その酒癖の悪さから被害に遭ったという芸能人のエピソードが沢山ありましたのでご紹介していきましょう。

また、島崎和歌子さんは地元高知県の観光大使も務めており、地酒のPRなどもされていますが、酒豪になってしまった事との関係はあるのでしょうか。

その辺りも詳しく見ていく事にします。



スポンサーリンク

島崎和歌子の酒豪伝説!

 

島崎和歌子さんは伝説を作ってしまうほど、酒豪だという事ですが、どのようなエピソードがあるのでしょうか。

また、特にどのようなお酒を好んで飲んでいるのでしょうか。

調べてみましたのでご覧ください。

 

島崎和歌子の酒豪伝説!

 

酒豪で有名な島崎和歌子さん。

直近では、志村けんさんとの伝説的エピソードがあったそうです。

それは昨年12月頭の夜の事でした。

その日、島崎和歌子さんは都内にある居酒屋の個室で、志村けんさんなどの芸能関係者と食事をしていたといいます。

お酒もかなり飲んでいたようで、酔っ払っていた島崎和歌子さんが年上の同席者に礼儀を欠いた振る舞いをしたようなのです。

それを見た志村けんさんは、怒って島崎和歌子さんと口論になったのだとか。

その声は個室の外にまで聞こえる程で、居合わせたお客さんはビックリしていたといいます。

しかもお店を出る時には、

「もうあいつの顔は見たくない」

とまで話していたようなんです。

プライベートでも付き合いがあるので、志村けんさんは島崎和歌子さんが酒豪である事は理解していますが、これまでもお酒が入ると礼儀やマナーに欠いた行動をとる事が多くあり、何度も注意を重ねていたといいます。

テレビでの共演も多くあり、毎年行われる志村けんさんの誕生日会には毎年のように出席し、幹事としてまとめる事もあったという島崎和歌子さん。

数年前にはその誕生日会の場にセーラー服を着て行き、志村けんさんに

「それは無いだろう」

と怒られた事もあったそうです。

お笑い芸人の誕生日会なので、そのくらいのユーモアがあってもいいのかなと思ってしまいますが、その辺りはきちんとしているのですね。

今回は今までの事が積み重なって、いつまでも反省の様子が無い事が、志村けんさんの怒りを助長させてしまったようなんです。

この一件で二人に大きな亀裂が入ってしまったのかも知れません。

今後の二人の関係に影響が無いといいのですが・・・。

島崎和歌子はワイン通?

 

島崎和歌子さんは、数あるお酒の中でも特に赤ワインがお好きなようです。

水分補給で水を飲むかのように、次から次へとボトルを空けていくのだとか。

ワインはビールの約3倍のアルコール度数ですから、それを水のごとく飲み干すとはさすが酒豪ですよね。

ワインにはこだわりがあるようで、レストランなどで出されたワインの温度にも注文を付ける事もあるのだそう。

しかしながら、飲み過ぎてしまうと銘柄も温度も関係なくなり、急にワイングラスに氷を入れて飲みだしたりしてしまうのだそうです。

意識が無くなってしまっているのでしょうか・・・。

また、好物は豚足で、3時のおやつとして昔から日常的に食べているそうです。

コリコリした食感が好きなのだそうで、子供の頃は豚足がなく、チョコレートがおやつであったりするとがっかりしていたのだとか。

甘いお菓子より豚足とは、この頃から酒豪の片鱗をのぞかせていたようですね。。

趣味は料理で、2012年10月に、ジュニア野菜ソムリエを取得しているとの事。

自宅でワインに合う料理も作っているのかも知れませんね!



スポンサーリンク

島崎和歌子の酒癖の悪さがヤバすぎて芸能界で被害者続出!?

 

島崎和歌子さんのヤバすぎる酒癖の悪さを紹介してきましたが、芸能界でもその被害は続々と出てきているのだといいます。

一体どの様な人にどの様な被害を加えているのでしょうか。

また、地元高知県の観光大使も務めており、その活動の一環として地酒のPRをする事もあるのだそうです。

酒豪になってしまった原因は、その高知県の土地柄にもありそうなんです。

どの様な文化があるのか調べてみました。

 

島崎和歌子の酒癖の悪さがヤバすぎて芸能界で被害者続出!?

 

IMALU

IMALUさんは、島崎和歌子さんと2人で飲みに行った事があるのだそう。

その時、酔った島崎和歌子さんはIMALUさんの胸を触りながら飲み始め、さらにお酒が進むと、IMALUさんの父である明石家さんまさんにメールを送るなど、その酒癖の悪さは酷い有様だったそうです。

ダウンタウン松本人志

一緒に飲んだ時に、身体のあちこちを島崎和歌子さんに噛まれて、その次の日にシャワーを浴びたら、身体中に噛み跡があったのだとか。

面倒臭い酒癖の悪さというよりも、身に危険を感じてしまいますよね。

北島康介

オリンピック金メダリストの北島康介さんも被害者の一人。

島崎和歌子さん、島田紳助さんらとの宴席の際、水泳で鍛えた身体を見せてとせがまれた北島康介さんが上半身裸になると、島崎和歌子さんがその裸にいきなり噛みついたというのです。

タレントだけかと思いきや、スポーツ選手にまで・・・本当に破天荒ですよね。

博多大吉

博多大吉さんも島崎和歌子さんになかなか帰してもらえなかった経験があるそうです。

仕事終わりの午後9時に、島崎和歌子さんに誘われ、居酒屋で2時間ほど飲んでいた時の事。

博多大吉さんが居酒屋を出てタクシーで帰っていると、なんとその移動中に島崎和歌子さんは電話で仲間を呼び始めたというのです。

博多大吉さんは渋々、皆のいるバーへ行ったのですが、そこで島崎和歌子さんは氷を手づかみで入れるほどに酔っ払っていたのだとか。

翌日も朝から仕事があるため帰ろうとしますが、島崎和歌子さんは強引に3軒目に連れて行ったそうです。

このままだと仕事に影響すると思い、博多大吉さんは結局、後輩の女芸人を呼んで島崎和歌子さんの相手をさせたといいます。

ここまで歯止めが利かなくなってしまう酒癖の悪さは、本当に迷惑ですよね。

高知県の観光大使も務めている!

 

島崎和歌子さんは、2005年7月から、地元である高知県の観光大使を務めています。

高知県は地酒がおいしい事でも有名で、特に、島崎和歌子さんが生まれ育った高知県南国市は綺麗な水が有名で、地元の名水で丁寧に造られた清酒「貫之」は、飲み口のよい淡麗辛口の酒なのだそうです。

立場上、地元の名産を紹介する事も多くあるようで、昨年も東京・新宿区の飲食エリア「サナギ新宿」で、高知県の名物料理や地酒をPRするイベントを行っていました。

土佐弁で宴会の事を「おきゃく」と呼ぶようで、

「『おきゃく』は高知では大事な飲みニケーションの場。

お酒が飲めなくても仲良くなれるきっかけになる」

と説明していたそうです。

高知県独自の献杯返杯のルールもあるようで、島崎和歌子さんはそれを、イベントで一緒であったひょっこりはんに伝授するというシーンもありました。

島崎和歌子さんが酒豪なのは、そういった酒文化が根強い土地柄で育ったという事もあるのかも知れませんね。

 

まとめ

 

芸能界では随一の酒豪で知られるという島崎和歌子さん。

紹介したエピソードからも分かるように、その酒癖の悪さはヤバいものがありました。

水が綺麗で、美味しい地酒も作られている高知県で生まれ育ったという事や、その高知県独特の酒文化が、酒豪になった原因になっているかも知れません。

しかしながら、これだけの被害者が出ているのですから、周囲の人のためにも、ご自身の健康のためにも、今後は飲酒はほどほどにしてもらいたいですよね。

 

参考サイト

週刊女性

日刊スポーツ 

wikipedia

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です