齋藤友香理の実家と両親の職業はセレブ?ペトレンコや小澤征爾が師匠なの?

齋藤友香理さんは、現在ドイツを拠点に活動をしている数少ない日本人の女性指揮者です。

指揮者として軌道に乗るまでは、レッスンや海外留学などで膨大な費用がかかりそうなイメージなので、さぞかしお嬢様育ちをされているのでは?と考えられます。

実際に実家は、金持なのでしょうか。

気になる両親の職業などについても調べてみました。

また、齋藤友香理さんの師匠にはペトレンコさんや小澤征爾さんがいるようです。

今回は、そんな師匠の事についても詳しく見ていく事にしましょう。



スポンサーリンク

齋藤友香理の実家と両親の職業はセレブ?

 

齋藤友香理さんの実家は東京都にあるようです。

生まれも育ちも都内と言う事は、セレブなのでは?と想像が出来ますよね。

両親はどの様な職業の方なのでしょうか。

また、若手指揮者として注目を集めつつある齋藤友香理さんの、現在の活動の様子についてもまとめてみましたのでご覧ください。

 

齋藤友香理の実家と両親の職業はセレブ?

 

気になる齋藤友香理さんの父親の職業ですが、サラリーマンだといいます。

母親は専業主婦なのだそうです。

音楽に精通した金持ちの一家なのかと想像しましたが、実家は東京の下町にあり、ごく一般的な家庭のようですね。

4歳の頃からピアノを始め、ピアノの腕をもっと磨くためにと言う理由で指揮を学んだといいます。

それが今では本職となっているのですから、人生や縁は分からないものですよね。

齋藤友香理さんは大人になってからドイツに留学しているようなので、両親には頼らずに自分でお金を貯めて挑戦したのかもしれないですね!

もしかしたら実家が元々金持ちと言う事もありますが、齋藤友香理さん本人の相当な努力によって今の地位があるのでしょう。

齋藤友香理さんは大きな挑戦だったと思いますが、両親の職業や金持ちかどうかなど関係なく自身の夢に対する思いさえあれば指揮者にもなれるという事を証明してくれたと思います。

 

齋藤友香理さんの現在の活動

 

齋藤友香理さんは現在ドイツに拠点を置いているという事ですが、最近の様子を見ると国内での活動が多くなっているようです。

どうやら、なかなかヨーロッパ国内でのオーディションに通らず思い悩んでいるのだとか・・・。

諦めずに更なる高みを目指していったほしいと思います。

ヨーロッパでの活動を望んでいるのかも知れないですが、齋藤友香理さんを日本で見られる事は我々からしたら嬉しいですよね。

もしかしたら今がチャンスなのかも知れません!

 

齋藤友香理さんは今年の5月22日から仙台を皮切りに東京や大阪で開催される、ヴィオラスペース2020 vol.29で、ートーヴェン生誕250年&ヒンデミット生誕125年記念」の指揮を担当する事が決まっています。

 

更に、今年10月5日に、日本フィル&サントリーホールで開催される「とっておき アフタヌーン 2020~21シーズンVol. 14」への開催も決まっているそうです。

これは、『ときめきが伝統に新風を吹き込む』と題し、ハンサム四兄弟の磨き上げられた歌声を聴く事が出来るというもの。

今回この指揮者に、齋藤友香理さんが大抜擢されたのです。

共演するハンサム四兄弟は、宮本益光さん、加耒徹さん、近藤圭さん、与那城敬さんの

4人から成り、バリトンという、男声のテナーとバスの中間の声域の歌声で高い人気を誇っています。

その名の通り、とっても品があるハンサムな4人ですよね。

齋藤友香理さんとの共演、どんなものになるのか観てみたいですよね!

 

齋藤友香理さんは現在フリーで活動をしているという事で、これからも色々な所で観る機会があるかもしれないですね。



スポンサーリンク

齋藤友香理はペトレンコや小澤征爾が師匠なの?

 

齋藤友香理さんの師匠は、ペトレンコさんや小澤征爾さんだといいます。

小澤征爾さんは、日本を代表する世界的な指揮者でご存知の人は多いと思いますが、ペトレンコさんについては知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一体どの様な方なのか詳しく調べてみました。

また、齋藤友香理さんについてSNSでも評価をする投稿が見られました。

どの様な評価がされているのか気になりますよね。

まとめてみましたのでご覧ください。

 

齋藤友香理はペトレンコや小澤征爾が師匠なの?

 

齋藤友香理さんは、大学卒業後に公益財団法人「ローム ミュージック ファンデーション」の

「音楽セミナー(指揮者 クラス)」で、世界的指揮者として有名な小澤征爾さんに指揮を学んだのだそうです。

一般人から見れば、その様な方に学ぶ機会があるだけでもスゴイ名誉な事ですよね。

また、キリル・ぺトレンコさんも師匠として慕っており、2018年にはバイエルン州立歌劇場でアシスタントも務めています。

小澤征爾さんについては、ご存知の方も多いかもしれませんが、キリル・ぺトレンコさんについては、聞き慣れない方も多いのではないでしょうか。

その世界に精通している人であれば知る人ぞ知る、今世界中から注目を集めている指揮者なのです。

その風貌には貫禄がありますね!

キリル・ぺトレンコさんはロシア出身。

父親がバイオリニスト、母親が音楽学者という両親の元、幼い頃から指揮者を志すには恵まれた環境だったのではないでしょうか。

実力も伴っていたキリル・ぺトレンコさん。

『オペルンヴェルト』誌の年間最優秀指揮者に4度選出された経験を持ち、オペラ指揮者としても活躍されています。

2015年には、ベルリン・フィルの次期首席指揮者・芸術監督に選出され、2019年からサイモン・ラトルの後任として就任する契約にサインをしました。

キリル・ぺトレンコさんはこれによって、ドイツ最大の予算を持つコンサートオーケストラと歌劇場の両方の指揮者を兼ねることになったのだといいます。

名実ともに現在世界一の指揮者と言っても過言ではないでしょう。

 

ここまで偉大なキリル・ぺトレンコさん。

アシスタントとなる事だけでも、本当にスゴイ事なのだと推測され、齋藤友香理さんにとっても大きなチャンスとなっているのではないでしょうか。

 

齋藤友香理についてSNSの反応は?

 

齋藤友香理さんはどことなく女優の井上真央さんに似ている、柔らかな顔立ちの様な気がしますが、タクトを持つと一変。

曲に入り込み、表情をも駆使した指揮の様子が印象的です。

また、この映像を見ると齋藤友香理さんの小柄な体格が際立って見えますが、全身を使って指揮をしているので男性顔負けの迫力もありますよね。

 

そんな齋藤友香理さんについて、SNSにはこのような投稿が載っていました。

「みずみずしいアンサンブル」という表現での評価はとっても本格的で、聴き手にしっかり伝わっているという事が分かる表現ですよね!

 

こちらも独特の表現で、高い評価をされていますよね。

このような声は齋藤友香理さんにとっても励みになるのではないでしょうか。

 

齋藤友香理さんのインスタグラムのアカウントがありました。

まだ投稿は1件のみでしたが、今後自身の活動の様子をアップしていってくれるのではないでしょうか。

プライベートの様子が公になる事は今までありませんでしたが、これからは齋藤友香理さんの素顔が見られるかも知れませんね。



スポンサーリンク

まとめ

 

齋藤友香理さんは、音大を卒業し海外留学をもしていますが、一般的なサラリーマン家庭で育っている事が分かりました。

セレブな生活を送っているのかとも思いましたが、もしかすると苦労しているのかもしれません。

両親ともに音楽業界とは関係がなさそうなので、相当な努力を自身でされたのではないでしょうか。

そんな齋藤友香理さんの師匠は、ペトレンコさんとや澤征爾さんでした。

どちらも世界で活躍する偉大な指揮者で、その様な方に教えを請う事が出来ると言うのも才能なのだと思います。

齋藤友香理さんはSNSでの評判も大変良く、これから人気が上がってくることが予想されます。

今から注目していきましょう。

 

参考サイト

Wikipedia

フジテレビ公式HP

TV MAN UNION

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です