太田三砂貴の絵画の値段や購入方法と個展情報!作品の評判は?《IQ188の天才の作品》

ある番組でとんでもないIQの持ち主が紹介されました。

なんとIQ188で、小学生の頃にはアインシュタインの相対性理論を理解していたというのです。

その男性は太田三砂貴さんといい、現在、絵画や曲を作っているようです。

一体どのような人物で、どのような作品を制作しているのでしょうか。

そして天才の書いた絵は、どのくらいのお値段購入できるのでしょうか?

さらには、個展の予定などはあるのでしょうか?

早速、いろいろと調べてみました!



スポンサーリンク

太田三砂貴の絵画の値段や購入方法と個展情報!《IQ188の天才の作品》

太田三砂貴とは誰?

ここで簡単にプロフィールをご紹介します。

 

太田三砂貴(おおた みさき)さん

埼玉県出身1994年生まれの25歳

趣味は、絵画、作曲、ディズニー

理論系趣味は、ゲーム理論、量子力学、相対性理論、音響論

 

https://twitter.com/misaki_ohta_/status/1210585342094565376

 

趣味の欄に、量子力学や相対性理論があることが、すでに超人です!

ちなみに日本の平均的なIQは100とされています。

IQ188は5億人に1人と言われていて、太田さんの父親でさえも、なかなか太田さんを理解することができなかったそうです。

その父親との埋めることのできなかった溝を「強い孤独感があった」と語っています。

超人ゆえに、凡人との思考の違いに苦悩していたようですね。

絵画の値段や購入方法!個展情報!

そんな素晴らしい知能をお持ちの太田さんですが、木の皮などの模様にも「規則性がある」と言い、皮の角度を計り始めるなどして、自然が作り出す美しさに関心があるようでした。

太田さんは、どのような絵画を作成しているのか、見てみましょう!

View this post on Instagram

夕桜 #painting #oil #art

A post shared by 太田 三砂貴(Misaki Ohta) (@misakiohta_1010) on

 

最後の画像は、可愛かったので載せてみました。

コチラはスケッチしたものですね。

独創的なものから、力強いものまで、太田さんの表現が光っています。

作曲もしているようです。

引用:Misaki Ohta

 

太田さんは現在、琉球大学で絵画の勉強をしているようで、購入できるのかは不明ですが、展覧会についてはこのように語っていました。

 

今後、展覧会を開くという事なので、もしかしたら、そちらで購入できるのかもしれません。

もっと太田さんの作品を見たいですね!



スポンサーリンク

太田三砂貴の作品の評判は?

太田三砂貴の作品の評判

太田さんの作品で有名なのが「逃避」という、こちらの作品です。

この作品は黄金比を使用して描かれたようで、見ているだけではわからないかもしれない、心地よさがあるのかもしれません。

 

こちらの作品は、戦死してしまった太田三砂貴さんの先祖を想って描いたもので、戦争と平和というものを考えるきっかけになる作品ではないでしょうか。

 

この「逃避」については、「数百万で譲ってほしい」という連絡があったが、先祖への思いもあって大切に扱ってくれるところに寄贈したいと、展示先を探しているようです。

《IQ188の天才》

さて、ここまで太田三砂貴さんについてや、絵画についてみてきましたが、IQ188ならば、国立大学へ行って、論文発表とか、大手企業への就職などしていてもおかしくないと思ったのですが、どうやら、太田さんはこれまで、たくさんの苦労をしてきたようです。

 

やはり高校卒業後は、大学進学を望んでいたものの、ご両親の反対があり、断念してしまったようです。

お父様はトラック運転手、お母様は専業主婦という一般的なご家庭で、大学進学よりも手に職を持てという教育方針だったようです。

先ほど書いた父親との溝というのは、こういう所にもあったのでしょうね。

進学できる頭脳もあるのに、家族から反対されるとは、そういう運命だったというか、悲しいとしか言えないです。

その後は専門学校でプログラミングの勉強をしていたそうです、が、独学で仕上げて中退します。

その後、日本の大手企業に就職しますが「高卒」という経歴が邪魔をして、なかなか仕事をさせてもらえずに退職してしまいます。

大手なら就職試験のときに、IQテストとかやりそうですが、その大手企業は逸材を逃してしまって、もったいないですね。

その後アメリカへ渡り、ミシガン大学中退を経て、現在は琉球大学で絵画の勉強をしている、という、不遇の環境の持ち主でした。



スポンサーリンク

まとめ

IQ188もあると、一般人との思考の差などで苦労することもあったのではないかと思います。

専門学校で学んだプログラミングも、すんなり理解してしまったのでしょうね。

もし、希望していたとおりに大学進学をしていたら、どうなっていたのでしょうか。

相対性理論のアインシュタインはIQ160~220といわれる、天才物理学者でした。

太田三砂貴さんも同等のIQをお持ちですから、どこかの研究機関に務めて、世界の理論を、何か説いていたかもしれません。

しかし、太田三砂貴さんは、現在絵画や曲を制作しています。

それもまた、数奇な運命としかいえませんが、太田三砂貴さんの感じる世界が絵画になったり曲になるのは、それはそれで、大変興味深いです。

太田三砂貴さんのこれからの活躍が楽しみですね!

参考

Twitter

インスタグラム

太田三砂貴公式HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です