大沢たかおの筋トレと食事!ステーキが主食?キングダム王騎役の筋肉が凄い!!

日本を代表する演技派俳優の一人、大沢たかおさん

役作りのために筋トレをしていたという事で、筋肉が凄い事になっているのだそうです。

どの様なトレーニングをしていたのでしょうか。

また、大沢たかおさんの食事は主食がステーキになっているとの噂がありますが、本当なのでしょうか。

詳しく調べてみましたのでご覧ください。



スポンサーリンク

大沢たかおの筋トレと食事!ステーキが主食?

 

大沢たかおさんは、役作りのために1年も前から筋力増強の準備をしていたといいます。

どの様な筋トレで肉体改造を果たしたのでしょうか。

また、食事はステーキが主食との噂もありますが、それは筋トレの一環という事なのでしょうか。

ここでは、大沢たかおさんの普段の食生活についても合わせて見ていく事にしましょう。

 

大沢たかおの筋トレとは?

 

映画『キングダム』の天下の大将軍・王騎は身長2mの巨人。

人間離れした体格の持ち主を再現できるのかといった心配は以前からあったのだそうです。

そんな王騎役に大抜擢されたのが大沢たかおさんでした。

実際にそれを演じた大沢たかおさんの演技を観た人からは、高い評価がたくさん寄せられているのだといいます。

大沢たかおさんは、この役作りのために1年前から準備を始め、15kgも体重を増やすという肉体改造をされたそうです。

 

どのような筋トレを行ったかについての具体的な情報はありませんでしたが、大沢たかおさんは自身の筋トレに、専属のトレーナーをつけていたのだそうです。

恐らくスポーツジムの機器を使用して筋トレをしていたのだと思われます。

そしてそのトレーナーというのが、俳優の渡辺謙さんと同じ方だったとの事。

以前に大沢たかおさんは、渡辺謙さんの紹介で、ブロードウェーミュージカル王様と私』に出演していますが、これはトレーナーが同じという縁で出演が決まったのだとか。

大沢たかおさんは、渡辺謙さんと一緒にイギリスの舞台に立っていたそうです。

お二人とも日本を代表する実力派俳優ですが、こんな繋がりがあったとは意外でした。

きっとお二人の筋トレのトレーナーも本格的な方なのでしょう。

 

大沢たかおの食事はステーキが主食?

 

大沢たかおさんは、無類の肉好きだといいます。

筋トレ後のたんぱく質の摂取は筋肉の増強に効果的ですから、筋トレの効果も出やすかったのだと思います。

もしかしたら、専属のトレーナーから食事についても指導があったかも知れませんね。

肉体改造という目的が無くても、大沢たかおさんは、なんと28日間にも渡って焼肉を食べ続けた事があるのだといいます。

また、肉は1日に1食では足りないともしており、1日3食ステーキの日もあるのだそうです。

それどころか『しゃべくり007SP』(日本テレビ系)での発言によると、調子が良い時は朝から300~400gのステーキを食べる事もあるのだとか。

正に主食がステーキになっていますよね。

これには共演者たちも驚愕の様子でした。

しかも、肉へのこだわりは相当なようで、普段の食事に使う肉でも肉の卸売業者と直接取引きする程本格的なのだとか。

その反面、野菜は苦手との事で、

「野菜を食べると顔が青くなる。」

と子どもの様な偏食の一面もありました。

今年51 歳になる大沢たかおさん。

肉体だけでなく、胃も強靭なんですね!



スポンサーリンク

大沢たかおのキングダム王騎役の筋肉が凄い!!

 

様々な努力を重ねて出来上がった大沢たかおさんの筋肉は、映画を観た人だけでなく、原作者の原泰久先生からも共演者からも、「凄い!!」と驚かれると同時に非常に好評でした。

どのような評価があったのでしょうか。

ネット上にも様々な声が寄せられていましたので、その中の幾つかをご紹介します。

 

大沢たかおのキングダム王騎役の筋肉が凄い!!

 

今回大沢たかおさんが演じた『キングダム』の王騎役ですが、人間離れした将軍で、それにフィットするための肉体改造には、さすがの大沢たかおさんも苦労されたのではないでしょうか。

この役を演じる事にも不安があったそうで、

「現実離れしたキャラクターですし、とても人気のある作品ということも知っていたので。

批判を受けずに演じきる事ができるのかなという(不安があった)。

と語っていました。

しかしながら、不安など感じさせない演技で観客を魅了し、原作者の原泰久先生からも、

「王騎を演じるにあたっての肉体作り、すごく感動しました」

とのコメントがあったそうです。

大沢たかおさんにとって原泰久先生は、俳優としての大沢たかおさんの生みの親のような存在なのだとか。

そんな原泰久先生に嬉しいコメントを貰えた事について、

「生みの親である原先生にそう言ってもらえるのはありがたいです。

生み出した子供とイメージが違うと言われるのが一番怖いし、原作ファンにも申し訳ないので。」

と、評価について相当の不安があった事を覗かせました。

 

先程も触れたように、役作りのための筋トレには注力されていたようで、中国で撮影中、山﨑賢人さんがあるレストランに行くと、その店の肉を大沢たかおさんが全て食べていたのだとか。

さらに、共演した要潤さんからも

「腕の筋肉とか本当にすごかったです。

太さが常人の2倍はある。」

と、その迫力に驚いた様子でした。

 

また、『キングダム』の撮影の現場にはプロテインが置いてあったのだとか。

しかもそのプロテイン、なんと長澤まさみさんからの差し入れだったそうなんです!

大沢たかおさんが筋トレに力を入れている事を知っていたのでしょうか。

すごくユーモアのある差し入れですよね。

 

『キングダム』の中で大沢たかおさんの演じる王騎は、身長2mの巨人という設定。

181cmの大沢たかおさんがそのイメージに近付くように、カメラマンが撮影の仕方を工夫していたのだそうです。

大沢たかおさん本人はもちろん、周りの方の協力もあって、迫力ある王騎が出来上がっていたのですね。

 

キングダムのネット上での反響は?

 

『キングダム』を実際に観た人からは、どのような反響があったのでしょうか。

 

やはり大沢たかおさんの、筋肉についてのコメントが多くありました。

https://twitter.com/noninoni2991/status/1143477657369055232?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1143477657369055232&ref_url=https%3A%2F%2Fwindy-windy.net%2Foosawatakao-kinniku

この厚い胸筋!

特に女子にはたまりませんよね!

 

原作を知っている方が、映画を観るパターンが多いのかと思っていましたが、映画を観た事をきっかけに、原作の漫画にハマったという方もたくさんいらっしゃいました。

漫画も読んでみたいと思わせる程、引き込まれる演技だったのでしょうね。

 

原作を知っている方が映画を観て、そのギャップにガッカリ・・・といった話も良く聞きますが、『キングダム』では原作ファンからも高評価だったのです。

『キングダム』の原作の再現は相当難しそうですが、想像を上回る完成度だったようですね!

大沢たかおさんの肉体や演技もぴったりハマっているようでした。



スポンサーリンク

まとめ

 

大沢たかおさんは『キングダム』での役作りのために、渡辺謙さんと同じトレーナーを専属でつけて筋トレに励んでいました。

元々肉好きで、主食はステーキとも言われる大沢たかおさん。

筋トレ後のたんぱく質の摂取も相まって、誰もが驚く肉体改造に成功していました。

ネット上での評価も大変高く、特に多くの女性のハートを射止めていたと思われるコメントが相次いでいました。

年齢を重ねて、ますます演技の幅が広がっている大沢たかおさん。

今後はその役作りにも注目していきたいと思います。

 

参考サイト

Wikipedia

映画ナタリー

exciteニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です