禁酒の効果と期間!いつから実感?体重や肌・髪の毛にもメリット有りでやらない理由がない!?

飲酒が毎日の習慣となっているお酒好きの方も、一度は禁酒を試みた事があるのではないでしょうか。

禁酒には体重髪の毛などに良い効果がある事が分かっています。

でも続けるのってなかなか難しいですよね。

それでは、これらのメリットを得るにはどのくらいの期間禁酒を続ければよいのでしょうか。

いつから効果が実感できるのか調べてみましたので、是非参考にしてみてください!



スポンサーリンク

禁酒の効果と期間!いつから実感?

 

禁酒は身体に良い事はなんとなくわかりますが、具体的にどの様な効果があるのでしょうか。

また、いざ禁酒を始めようとしても、どのくらい我慢すればいいのかあらかじめ把握しておきたいですよね。

個人差がありますが、実績があると励みになると思います。

どのくらいの期間の禁酒が必要で、いつから効果が実感できるのか調べてみました。

 

禁酒の効果とは?

 

それではさっそく禁酒にはどのような効果が期待できるのか、具体的に見ていく事にしましょう。

 

質の良い睡眠がとれるようになる

国際アルコール学会の報告によると、お酒を飲む事で短い時間で眠りに落ちる事が認められていますが、アルコールを分解する事などに眠りが浅くなってしまう事がわかっています。

確かに、お酒を飲むと眠くなるという話はよく聞きますよね。

それだけを聞くと、不眠症の人などには良い事のような気がしますが、結局浅い睡眠になってしまってはその日の疲れをとる事ができません。

更に、いびきをかきやすくなるという事も分かっています。

これは、アルコールが舌の筋肉を麻痺させる事で、舌が気道を塞いでしまい空気の通り道が狭くなり、空気が通る時にその抵抗が大きくなって粘膜が振動するからなのだとか。

そのためいびきをかいている時は、酸素を十分に取り込めなくなり、眠りが浅くなってしまうのだといいます。

禁酒をする事で深い眠りになり、睡眠の質も良くなるといえるでしょう。

 

肝臓への負担が軽減される

アルコールが肝臓にダメージを与える事はよく知られていますよね。

しかしながら肝臓は身体の中で再生力のある臓器としてトップクラスなのです。

例えば、高校生が事故で肝臓が半分潰れしまったとします。

肝機能は正常時の半分になりますが、若くて健康な人であれば、数年で元の大きさまで再生するほど肝臓の再生力は強靭な物だといいます。

肝臓の状態を示すのがγ-GTPなどの検査値です。

γ-GTPはアルコール摂取量と深い関係があり、この数値が100を超えるとアルコール性肝障害の可能性があるとの指摘を受けます。

γ-GTPが100未満であれば、禁酒をする事で弱った肝臓が元に戻る効果があるのだといいます。

気になる人は早めに禁酒を実施した方が良さそうですね。

 

血圧が下がる

年を重ねると高血圧が気になってくる人が多いと思います。

飲酒もまたその要因となる事が明らかとなっています。

特に1日当たりの飲酒量が日本酒1.3合弱以上の人は、飲まない人に比べて、血圧が高い数値であることが報告されているのです。

また、飲酒が長期間にわたって継続されている場合、更にその上昇は顕著なものになるといいます。

高血圧の人は特に、定期的に飲酒をしない日を設ける必要がありそうですね。

アルコール摂取の制限によって、血圧の上昇を抑える効果がある事も研究で分かっているといいます。

また、行き過ぎた飲酒は、血圧を過剰に上げてしまうだけでなく、降圧薬が効きにくい治療抵抗性高血圧の原因にもなるとも言われているのだそうです。

薬が効きにくくなってしまうなんて恐ろしいですよね。

そうなる前に対処しておきたいものです。

 

禁酒の期間!いつから実感?

 

簡単に禁酒といっても、日々飲酒の習慣がある人にとっては辛いものがありますよね。

それでも効果が実感できれば、モチベーションが上がるのではないでしょうか。

いつから効果が実感できるのか、肝機能については、元気な肝臓であれば2週間、多少数値が高くても余力がある人ならおよそ1ヶ月の禁酒期間で元に戻る事が多いといいます。

定期的に血液検査をする事で効果が実感できれば、それ以降も続けられるかも知れないですよね。

血圧に関しても、効果が出るまでの禁酒期間は1ヶ月が目安だといいます。

血圧は様々な所で計測できますので、気軽に始められそうですよね。

 

数値としては表しにくいですが、睡眠の質の改善はすぐにでも期待できると思います。

飲酒していた頃より深い眠りができる事によって、日中の集中力が増して仕事の効率もアップする事でしょう。

また、以前よりも短い睡眠で疲れが取れるという事もあるかも知れません。

睡眠の質が上がる事によって他にも様々なメリットが考えられますよね。

いつから効果が出るのか待ち遠しいですが、禁酒によって、以前よりも充実した生活が送れるようになるのではないでしょうか。



スポンサーリンク

禁酒は、体重や肌・髪の毛にもメリット有りでやらない理由がない!?

 

ここまで見てきたように、禁酒する事によって様々なメリットが得られる事が分かりましたが、その他にも禁酒の効果が報告されています。

その中には、体重や肌、髪の毛など、目に見えるメリットもあり、とっても興味深いものでした。

これを見れば今日にでも始めてみようという人も出て来るかも知れません!

 

禁酒は、体重や肌・髪の毛にもメリット有りでやらない理由がない!?

 

これまで見てきた以外にも禁酒には様々なメリットがあります。

  • 体重が、無理なく緩やかに減っていく。
  • 肌がきれいになる。
  • 髪の毛の質が良くなる。
  • 節約になる。

ここに挙げた以外にも色々考えられると思いますが、やらない理由が見当たらないくらいのメリットですよね。

 

ダイエットとなると、食事制限が辛いというイメージがありますが、禁酒をするだけで特別な食事制限をしなくても体重が緩やかに減っていくという効果もあるのだそう。

というのも、アルコールには飲み物だからと侮れないほどのカロリーがあるのです。

お店で提供される1杯分のおおよそのカロリー

生ビール(中ジョッキ1杯):145kcal

ワイン(ワイングラス1杯):90kcal

ウイスキー(シングル):75kcal

ハイボール:70Kcal

日本酒(1合):200kcal

焼酎ロック:70kcal

ウーロンハイ:95lcal

生レモンサワー:110kcal

梅酒ロック:95kcal

ジントニック:120kcal

カシスオレンジ:125kcal

提供されるお店によって変わってくると思いますので参考の数値ではありますが、おつまみなどを含めると容易に普通の一食分のカロリーを超えてしまうでしょう。

このような事を考えると、禁酒をするだけで体重が減るという事は理解できますよね。

 

禁酒が肌や髪の毛に与えるメリットとは?

 

禁酒によってダイエットになるという事はなんとなく想像できますが、にも影響があるんですね。

ツイッターにその効果を実感されている方の投稿がありましたので、ご紹介していきましょう。

禁酒で年齢を重ねても若々しくいられるなんて、身体にも心にも大きなメリットですよね。

この方はわずか1週間で肌への効果を実感されています。

個人差もあると思いますが、一週間ならまだハードルが低いですよね。

 

世の中には飲酒が薄毛の原因になるのでは?といった噂があるという事ですが、髪の毛に関しては遺伝的要素が大きいと言われており、飲酒が関係しているとの医学的根拠はないようです。

しかしながら、髪の毛の質に関しては良い結果を実感されている人もいるようなんです。

この方は禁煙の効果も相まって強い髪ができてきたようですね。

美容師さんの間ではよく知られている事なのでしょうか。

髪の毛の質が改善されれば、まとまりやすくなって朝のスタイリングが楽になるかも知れませんね!



スポンサーリンク

まとめ

 

飲酒は肝臓に負担がかかるというという事は有名ですが、禁酒をする事によって肝臓だけでなく様々な面で良い効果がある事が分かりました。

毎日お酒を飲む習慣がある人にとって禁酒は大変ですが、1,2週間で効果が実感できるものもあるようです。

効果には個人差があると思いますが、これを機に試してみてはいかがでしょうか。

 

参考サイト

東洋経済

テレビ東京

朝日新聞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です