ヒロシの現在はソロキャンプ芸人&ユーチューバーで年収もスゴイ!

「ヒロシです」のネタが印象的な芸人ヒロシさんですが、最近はテレビで見かける事があまりなくなってきていますよね。

現在は何と、キャンプ芸人として活動しているというのです。

特に一人でキャンプをするというソロキャンプだという事です。

また、それをYoutubeで配信しており、本格的なユーチューバーとしても活動しているようです。

今流行りのユーチューバーですが、ヒロシさんの年収はスゴイのだとか。

今回はそんなヒロシさんの現在の活動について詳しく調べてみました。



スポンサーリンク

ヒロシの現在はソロキャンプ芸人!

 

キャンプが好きだというヒロシさん。

現在はその趣味を生かしてソロキャンプ芸人として活躍されているという事です。

一人でするキャンプ、その魅力とは一体どのようなものなのでしょうか。

ここでは、ヒロシさんのプロフィールも合わせてみていく事にしましょう。

 

ヒロシの現在はソロキャンプ芸人!

 

ヒロシさんといえば、「ヒロシです」のネタで一世を風靡したピン芸人で、ネガティブなキャラクターが特徴ですが、現在はキャンプにハマっているのだそうです。

しかもそのキャンプ、一人きりのソロキャンプだというのです。

キャンプといえば、家族や友人などと共に楽しむイメージですが、一人きりでのキャンプは本当に楽しめるのでしょうか。

 

ヒロシさんは、子どもの頃からキャンプ好きだったといいます。

自分でブルーシートでテントみたいなものを作って遊んでいたのだとか。

ソロキャンプにハマったのは、ヒロシさんの性格がゆえだったそうです。

一人であれば、好きなときに好きな場所へ行ける

人に合わせなくていいから、ヒロシさんの性分にピッタリだったといいます。

ソロキャンプが趣味だと言っていたら、周りにも“ソロ派”の人が結構いることがわかり、本格的に始めるようになったそうです。

日常的にSNSが使われるようになっており、直接的なコミュニケーションが希薄になっている昨今では、“ソロ派”に同調する人は世の中にたくさんいるのだという事でしょうか。

 

最近では、“ソロ派”の仲間と同じ場所に行き、各自がソロキャンプをする事もしているのだとか。

なかなか斬新ですよね!

 

そんなヒロシさん自身も最初は、キャンプは複数人で楽しむものだと思っていたといいます。

しかしながら他の人と日程が合わなくて実行できなかったり、食べたくもない時間に「ごはんにしよう」となったり、野菜を切るのも火起こしも、すぐ担当決めなどするのに面倒くささや不自由さを感じることも多かったのだとか。

たしかに、キャンプは本当に気の合う仲間としか行く気にはなれませんよね。

世の中には、周りにはなかなかカミングアウト出来なくても、どこかにネガティブな心を持っている人が多く、ソロキャンプ芸人としてのヒロシさんはそのような人達の心をガッチリつかんだと言えるのではないでしょうか。

 

ヒロシのプロフィール!

 

そんな不思議な一面を持つヒロシさん。

本名は齊藤健一という名前です。

熊本県荒尾市出身で九州産業大学商学部商学科を卒業しています。

特技は、「あるんだったら、もっとテレビに出てるよね」と得意の自虐ネタで答えていますが、実は小型船舶操縦免許を取得しているのだそうです。

立派な特技ですよね!

小型船舶を操縦できて、キャンプ好きだとは、テレビで見せるヒロシさんとは、かなりギャップがあります。

 

ヒロシさんがお笑いに興味を持ち始めたのは、小学生の時だったといいます。

当時父親は炭鉱で働いており、荒尾市は昔は栄えていたようですが、ヒロシさんが子供の頃は、正に寂れた田舎だったそうです。

しかし、有明海も山もある大自然。

ヒロシさんは、そのある意味恵まれた環境で、外に出て遊ぶ事が多かったといいます。

キャンプ好きの原点が、ここで築かれたのかも知れませんね。

 

小学生の頃から暗い性格で、中学生の頃の担任との面談で

「お笑い芸人になりたい」

と打ち明けた所、軽くあしらわれてしまったのだとか。

実際に初めてお笑いのオーディションを受けたのは大学一年生の時。

吉本興業が主催する「激辛!?お笑いめんたい子」でした。

しかしながら熊本予選で不合格。

大学卒業後は就職できずに、損害保険の営業職に就いています。

ヒロシさんが元ホストである事は有名な話ですが、ホストとして働いていたのは、損害保険の営業職を辞めて上京した時でした。

とはいえ人見知りのヒロシさん。

指名はほとんどなく月給は3万円だったそうです。

ピン芸人として活躍する前に、こんな挫折と苦労があったのですね。



スポンサーリンク

ヒロシの現在はユーチューバーで年収もスゴイ!

 

ソロキャンプ芸人となったヒロシさん。

主な活動の場はYoutubeなのだとか。

いつの間にかテレビがらYoutubeへとシフトしていたのですね。

どのような活躍を見せているのでしょうか。

また、ユーチューバーといえばたくさん稼いでいるイメージですが、ヒロシさんはどうなのでしょうか。

調べてみましたのでご覧ください。

 

ヒロシの現在はユーチューバー!

 

先程ヒロシさんが没頭しているソロキャンプについて触れましたが、ヒロシさんはそれをYoutubeで配信しているというのです!

テレビでの露出が減っていると思っていましたが、Youtubeで活躍されていたんですね。

ヒロシさんが配信しているソロキャンプの動画は、多いもので約15万回、平均でも10万回程再生されているのだといいます。

相当な人気ですよね!

ソロキャンプなので、もちろん撮影はヒロシさんが自ら行うのだそうです。

カメラなど機械の操作は不得意との事ですが、キャンプの魅力を伝えたいという一心で撮影しているようです。

 

ヒロシの年収がスゴイ!

 

芸人さんと言うと流行り廃りがあるので、よっぽど有名にならないと経済的に不安定な印象がありますが、ヒロシさんは様々なビジネスをしており、それが成功して現在の年収がスゴイ事になっているというのです。

はっきりした金額は分かりませんでしたが、ソロキャンプを配信しているYoutubeは予想外に利益に繋がっており、2019年1月には月収80万円にも上ったとの事です。

ヒロシさんは芸能事務所「ヒロシ・コーポレーション」を自ら経営する傍ら、事務所経営、店舗経営、YouTubeチャンネル運営、タレント業、執筆業、カラオケ喫茶「ヒロシのお店」の経営もされています。

事務所経営は増えてきた仕事のために必要になったという感じだそうで、あくまでもカラオケや飲食はサブ的な位置づけだそうです。

それでも本当に多岐に渡りますよね。

開業当初のカラオケ喫茶「ヒロシのお店」の売上が50~60万円だったとの事ですから、今は軌道に乗ってもっと増えているのではないでしょうか。

 

ヒロシさんの考える“利益”とは金銭面だけではなく、気持ちよく仕事ができる事も含むといいます。

元々コミュニケーションが苦手なヒロシさん。

“無理をしない”という事をモットーにしているのだそう。

社会人である以上、やはり無理しなければいけない場面はあるかと思いますが、でもどうしても苦しくなったら、

「この無理をしなかったら最悪こうなる」

という状況を想像して天秤にかけるのだとか。

そして、

「それでもかまわない」

という覚悟ができたら無理する事を放棄するのだそうです。

そのような“無理をしない”という考えがあれば、仕事をする事が少し楽になれるかもしれないですね。



スポンサーリンク

まとめ

 

ネガティブな印象のヒロシさんですが、現在はそのキャラクターを生かしてソロキャンプ芸人へと変貌を遂げていました。

そのソロキャンプの様子をYoutubeで配信し、ユーチューバーとしても活躍されています。

また、芸人としてだけでなく、事務所の経営や執筆業、カラオケ喫茶「ヒロシのお店」の経営など、活動の幅を広げており、収入もスゴイと予想されます。

無理をしないというモットーがあるからこそ、自分のキャラクターを貫き通して様々な挑戦が出来るという事なのでしょうか。

これからも様々な分野で活躍するヒロシさんを、楽しみにしていきたいと思います。

 

参考サイト

新R25

週刊女性PRIME

Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です