芸能人のyoutube進出続出なぜ?芸能人youtuber嫌いなど批判や失敗事例もチェック!!

最近、芸能人youtubeへの進出が加速していますね。

少し前まで芸能界はyoutubeを冷めた感じで見てきたと思うのですが、なぜ最近になって急に増えてきたのでしょうか?

芸能人youtuberはすぐに人気になる方もいれば、中には「嫌い」といった批判を受ける方もいます。

失敗して辞めてしまう芸能人youtuberも多いらしいですね。

芸能人youtuberが増えた理由と、なぜ嫌われてしまうのか調べてみました。



スポンサーリンク

芸能人のyoutube進出続出なぜ?

 

最近になり芸能人のyoutube進出が増え、youtubeは素人がやるものという認識がなくなってきました

テレビを主体としている芸能人がyoutubeに目を付けた理由に関して、なにかしらの思惑がりそうです。

なぜ本格的に進出してきたのか、また現在の芸能人youtuberはどの位いるのでしょうか?

芸能人のyoutube進出続出なぜ?

 

芸能人のyoutube進出には大きく分けて3つの事が影響していると思いました。

1つ目はHIKAKINさんなどの実力のあるyoutuberの登場により、芸能人達がその存在を知るキッカケになったこと。

2つ目「なりたい職業ランキング」で小中学校でトップ3内に入り、社会的にも認知されるようになったこと。

3つ目広告収入の多さで、現在日本1位の「Fischer’s-フィッシャーズ」さんは

総額約10億円を稼いでいます。

HIKAKINさんはフジテレビ系「ダウンタウンなう」に登場した際、坂上忍さんに耳打ちで収入を教えた所「ふざけんなよ!」と坂上忍さんが怒ったことがありましたね。

相当稼がれているはずの坂上忍さんも、驚いてしまうほど稼いでいることが判明しました。

 

 

これだけのメリットがあったら、やるに越したことはないですよね!

芸能人はテレビで培われた力があるので、この新しいyoutubeビジネスに余裕で参加したのでしょう。

また、テレビで売れていない最近見なくなった芸能人にとっては、自分をアピールできる場所であるので、そういう方の多くが参加しています。

テレビしかなかった時代と比べ、売れていない人にとってのチャンスの場があることは、すごく良いことだと思いました。

芸能人のyoutube進出状況は?

 

芸能人のyoutubeの進出はどんどん広がっています

初期にyoutubeをやり始めた芸能人は、所ジョージさん(世田谷一郎)が有名ですね。

収益目的ではなく、所さんの趣味の延長みたいな感じで自身の作った楽曲をひたすら挙げているというチャンネルです。

 

 

芸能人のチャンネルでかなり人気になったのは、ロバート秋山竜次さんの

「クリエイターズ・ファイル」ですね。

秋山竜次さんが架空のクリエイターになりきるチャンネルは、テレビでも紹介され大人気チャンネルになりました。

 

 

元SMAPで現在「新しい地図」草彅剛さんが参戦したこともあり、芸能人のyoutube熱はどんどん加速していきました。

最近テレビでは見かけなくなった芸人、ヒロシさんのキャンプ動画「ヒロシちゃんねる」も大人気になりましたね。

芸能人のyoutube成功の代表例として、下記の方々が挙げられます。

  • ロバート秋山竜次さん
  • キングコング梶原雄太さん
  • ヒロシさん
  • 女優の本田翼さん
  • オリエンタルラジオ中田敦彦さん
  • メンタリストのDaiGoさん

 

数多くの芸能人が参加していおり、今後もさらに増えていくと予想されますね。



スポンサーリンク

芸能人youtuber嫌いなど批判や失敗事例もチェック!!

 

そんなyoutubeに多く進出してきている芸能人ですが、視聴者からは厳しい意見が出ているようですね。

芸能人のyoutuberが嫌いと言っている人もいて、芸能人だからと言って

youtubeで売れるとは限らないらしいです。

なぜ芸能人youtuberは嫌われるのか、芸能人youtuberの失敗事例も合わせて調査しました。

芸能人youtuber嫌いなどの批判とは

 

芸能人youtuberが嫌いと言っている人の理由としては、テレビ番組の

「作られたヤラセ感」から離れてきたというものです。

売れているyoutuberは皆、自然体でリアルな情報を発信していて、

そこがyoutubeの良さであるそうなのです。

 

 

また「素人で売れるんだったら自分たちは絶対売れるだろう」という自信も、視聴者にとって嫌いになる要因なのかもしれません。

youtuberが一般的でない頃に多くの芸能人(主に芸人)が、当時のyoutuberを批判していたことも、一つの原因だと思います。

youtuberの知名度が上がってから、こぞってyoutubeに参加する芸能人は汚いと感じているのかもしれませんね。

「芸能人はyoutubeに来るな」という声も挙がっていました。

そんな意見に対して、タレントの藤田ニコルさんは、

「youtuberだってテレビに出てるし、お互いがwinwinな関係でやっていけばいいのに」と仰っています。

確かに芸能人がyoutubeに来たところで迷惑なことはないですし、いろいろなチャンネルがあるのは面白くて良いことだと思いますけどね。

芸能人youtuberの失敗事例

 

これまで多くの芸能人がyoutubeに参加していますが、ほとんどが失敗している状況です。

 

 

テレビとyoutubeでは人気が出る方法は異なることがわかりますね。

ウッチャンナンチャン内村光良さんは

「自分がYouTuberになるなら全レギュラーを降りるぐらいの覚悟が必要」と言わせるほど、違った難しさがあることが伺えます。

例えばヒロシさんのキャンプ動画などはリアリティと癒やされる空気感があり、テレビでは出せない魅力があります!

 

 

テレビでは編集・カットされてしまうので、このリアリティはどうやっても出せないと思いますね!

もともとヒロシさんはキャンプが好きだったらしく、仲間と行った思い出に動画を作成し公開したところ、再生回数がどんどん増えていったみたいです。

ヒロシさんは「視聴者のツボがわかりません」

「芸人として面白くても、youtubeでウケるとは限らない」と語っています。

好きなことを仕事にできたヒロシさんは凄いと思いますし、とても羨ましいです。

また「なんでもいいから挙げてみたらいい」とも言っていて、テレビとは違うyoutubeの可能性を感じました。



スポンサーリンク

まとめ

 

芸能人youtuberが嫌われる主な原因は、テレビに飽きた・もしくは好きじゃない人がyoutubeの空気感を壊しているから嫌いなのではと感じました。

youtube特有の自然体でリアリティのあるチャンネルであれば、芸能人でも高評価であり、登録者数も多いのかもしれません。

「芸能人がyoutubeをすれば売れるだろう」と自分も思っていたので、正直テレビとyoutubeでこれほどの違いがあるとは思いませんでした!

youtuberも楽な仕事では無いのですね。

個人的には好きなテレビ番組を見た後に、その番組のyoutubeチャンネルで未公開などの動画を見るのが好きなので、こういったチャンネルが増えてほしいなと思います。

テレビ朝日系「大田松之丞」は、違法アップロードの防止のために自らyoutubeチャンネルを開設して、番組では乗せることの出来なかったトークを公開していますね。

これがすごく面白いので、他のテレビ番組も是非ともマネして欲しいです!

テレビとyoutubeの連動でもっと楽しくなると思うので、とても期待しています。

プロである芸能人が今後youtubeでどのように活躍されるのか楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です