雨上がり決死隊のコンビ仲の現在!結成時のエピソードもチェック!

先日ユーチューバーとして活動することが決まった雨上がり決死隊の宮迫博之さん。

周りの芸人からは賛否両論で、コンビ仲などを心配される人も多くいます。

闇営業問題で吉本興業を退社した後、再結成を期待していた人は少なくないと思います。

今回はそんな雨上がり決死隊さんの現在のコンビ仲と、結成時の苦労話などを書いていこうと思います。



スポンサーリンク

雨上がり決死隊のコンビ仲の現在!

 

ユーチューバーデビューした雨上がり決死隊の宮迫博之さんですが、かつての芸人仲間からは辛辣な声もあがっています。

そんな中、宮迫博之さんと相方である蛍原徹さんのコンビ仲を心配する声も聞こえ、同時期にコンビ復活したロンドンブーツ1号2号さんとの違いも浮き彫りになりました。

雨上がり決死隊さんの現在とロンドンブーツ1号2号さんとの違いを調べました。

コンビ仲は現在どうなのか?

 

宮迫博之さんがYouTubeに動画を公開してから、いろんな人達がコメントを発表していますが、当の相方である蛍原徹さんのコメントはまだ発表されていません。

なので具体的なコンビ仲について知ることはできなかったのですが、闇営業問題で宮迫博之さんが吉本興業を退社する以前はコンビ愛が絶賛されていたお二人なので、そんな簡単に仲が悪くなることは無いと思いますね。

おそらく今回の件も、蛍原徹さんは宮迫博之さんの意見を尊重すると予想します。

 

 

宮迫博之さんの動画について、芸人仲間からは賛否両論ですね。

「まずホトちゃんとお客さんの前からやるのがいいんじゃないの」と、ナインティナインの岡村隆史さんは相方に相談せずに勝手に行動したことを批判しました。

ダウンタウンの松本人志さんは「“ちょっとどうなの?”と言いました」とコメントしていて反対の方針を明かしています。

爆笑問題の太田光さんは「とっととテレビ出て来いよって話だよ」とYouTubeではなくテレビ復帰をして欲しい考えでしたね。

極楽とんぼの加藤浩次さんは「腹くくってていいなあって逆に思った」とYouTubeに賛同する方針でした。

その他多数の芸人さんは否定的なコメント出しています。

岡村隆史さんの言う通り、相方の蛍原徹さんに相談して欲しかったと思いますし、コンビ仲を心配する声があがるのも無理ないなと感じました。

ロンドンブーツ1号2号との違い

 

雨上がり決死隊の宮迫博之さんと同じく、闇営業問題で活動を謹慎していたロンドンブーツ1号2号の田村亮さんは、相方の田村淳さんと復帰会見を行いました。

 

 

会見では田村淳さんがデビュー当時の赤い髪を披露して、また一からコンビとして活動していく決意を表しました。

田村淳さんの作った株式会社LONDONBOOTSが吉本興業と専属エージェント契約を結び、田村亮さんはLONDONBOOTSの所属タレントになりました。

雨上がり決死隊の宮迫博之さんは、お笑い芸人の大御所である明石家さんまさんの個人事務所に入ることが確定しているそうですが、具体的な進展はないですね。

コンビでの復帰を果たしたロンドンブーツ1号2号さんに比べ、一人で勝手にYouTubeに出てしまった雨上がり決死隊の宮迫博之さんとでは世間の印象が全く違います。

ユーチューバーで成功すると稼げることを知りながらの行動であれば、相方ではなくお金を優先したと思われても仕方がありませんね。

今後の宮迫博之さんのYouTubeがどのような動画をあげていくのか見つつ、テレビでの復帰ができるのか注目していきたいと思います。



スポンサーリンク

雨上がり決死隊の結成時のエピソードもチェック!

 

コンビ仲がとても良いとされていた雨上がり決死隊のお二人ですが、結成当初はどのような関係だったのでしょうか?

東京で売れるまで時間がかかった苦労人としても有名ですね。

どのような苦労話やエピソードがあるのか詳しく調べてました。

結成時のエピソード

 

雨上がり決死隊さんはNSC(吉本総合芸能学院)出身で、当時は違うコンビとして活動していましたが解散して1989年に結成しました。

NSCの同期にはナインティナイン矢部浩之さんの兄の美幸さんがいます。

結成当初はお互いの事を全く知らなかった為、1年間は芸人の活動を減らして一緒にいる時間を増やそうと、カラオケパブのアルバイトを一緒に始めましたが人見知りの宮迫博之さんはすぐにクビになってしまい、蛍原徹さんはその後も1年間続けることになりました。

宮迫博之さんが人見知りだった事は意外で驚きましたね。

”雨上がり決死隊”の由来は、お二人とも好きな曲であるRCサクセションの”雨上がりの夜空に”から取ったものです。

 

 

当時はナインティナインさんより有望で、若手のホープと言われていましたが、

ABCお笑い新人グランプリの新人賞はナインティナインさんに取られ、そこから格差がでてくるようになります。

ナインティナインさんとは吉本芸人のアイドル的ユニット「吉本印天然素材」として一緒に活動していました。

吉本印天然素材は”お笑い重点”の宮迫博之さんが”アイドル路線”のプロデューサーと対立してを脱退し、その後は人気が低迷したため1999年に解散しました。

すごく人気だったのに脱退するなんて「お笑いがやりたい」という気持ちが伝わってきますね。

今でもきっと「お笑いをやりたい」気持ちはあると思うので、再びバラエティに見る日を陰ながら応援しています。

若手時代の苦労話

 

雨上がり決死隊さんは売れるまで10年かかった苦労人として有名ですね。

上京後はあまりに仕事がなさすぎて、吉本の本社から「何しに来てん」と言われる程で、精神的に追い込まれたお二人は自ら命を絶とうとした事があります。

 

 

宮迫博之さんは目をつむりながら車が多く走る道路に歩いてトラックに轢かれそうになったことがあり、蛍原徹さんは7階のマンションから飛び降りようか何度も悩んでました。

宮迫博之さんを轢きそうになったトラックの運転手は最初「死にてえのか!」と叫び、無言でうなずいた宮迫博之さんに、本気である空気を感じ「ダメだよ、ダメだって」と諭されました。

後輩はナインティナインさんを始め、上京後に売れていった事と自信自体が無くなっていたのかもしれませんね。

そして1999年にダウンタウンさんの番組「ガキの使いやあらへんで」でダウンタウンさんに必死に食らいつく姿が反響を呼び、収録後には5本の仕事が入りました。

宮迫博之さんは「賭けだった」と言い、受け入れてくれたダウンタウンさんには感謝する気持ちを語っていました。

ここまで精神的に追い込まれる事はなかなか聞かないですし、お二人がすごく真面目な性格なのだという事がわかりましたね。

これを知った上で今のコンビの状況を考えると、とても勿体なく感じてしまいますね。



スポンサーリンク

まとめ

 

雨上がり決死隊さんの結成当初を見る限り、お互い若手時代から苦労を共にして来ていて、そう簡単にコンビ仲は揺らぐことはないと感じています。

お笑いに対する情熱はすごく感じていたので、こういう形になってしまっているのは寂しく思います。

ただ宮迫博之さんのYouTubeを始めるタイミングは、芸人仲間や世間が思っているように、とても悪いと感じますね。

しっかりと蛍原徹さんと手順を踏んでからYouTubeなどに手を出すべきだったと思います。

今後の雨上がり決死隊さんに注目し、再び共演できることを願っています。

 

参考

Wikipedia

Yahoo!ニュース

エキサイトニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です